>

リサイクルショップで買取不可能なものを有効に活用する術!

海外で人気の日本製品を「輸出リサイクル」

国内では、基本的に売り手が付きそうなものでないと、買取・引取をしてくれるところは殆どないのが現状です。
流行に左右されにくいブランド品や流行物であれば、そんな心配もありませんが、それ以外の物でまだまだ使えるものでも、価値が付けられないと結局処分することになってしまったり…
そんな時も捨てるのをちょっと待ってみましょう。
買取業者の中には、海外への輸出ルートを持ったところもあり、国内で需要が無いものも、海外に輸出し、大変喜ばれている物もたくさんあるそうです。
例えば、日本製の家電や家具は、丈夫で長持ちすると人気があり、中古品のランドセルや靴、未使用のオムツなども発展途上の国では特に重宝されるようです。
このように、国は違っても、誰かの元でまだ大事に使用されれば、これも立派なリサイクルと言えるのではないでしょうか。

遺品整理で出た不用品を上手に処分するコツ

不用品が大量に出るケースの上位には、遺品整理があります。
そして、その処分、処理をするのは、元々の使用者ではなく、遺族と言えど所持者とは全く別人が行うことになります。
そうした場合、故人への思い入れや気持ちの整理も難しく、処分ができない、進まない…なんてこともしばしば見受けられます。
しかし、期日が決まっていたりする場合、遺品の整理に時間をかけられない事も多いため、形見として残しておきたいものを除いて、遺品整理のプロの業者にお願いするとよいでしょう。
プロの業者の中には、遺品整理だけでなく、供養やその後の清掃等も請け負ってくれるところや、遺品整理と同時に買取査定してくれ、費用を相殺してくれるサービスもあるようです。
大きく古くなった家具などは処分に困りますが、これも業者であればまとめてやってくれます。
時間があれば、高価な物は、別途買取業者に査定依頼するなど、併用することもできるでしょう。


この記事をシェアする