リサイクルショップで買取できる物とできない物を検証!

>

リサイクルショップで買取できないものをリサイクルする方法

みんなが迷うリサイクル家電の処分方法

不要な物は、全てリサイクルショップへ持ち込めば買取・引取してもらえるとは限りません。
リサイクルショップは、修理などせず、そのまま店頭で売りに出せるものが前提となるためです。
また、リサイクル対象家電となる冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコン等は粗大ごみとして出すこともできず、リサイクル法に基づいて、リサイクルすることが義務付けられています。
このような家電は、一般的に「リサイクル料金」「収集運搬料金」がかかるケースが大半で、新しい製品に買い替える場合は、商品を購入したお店の業者が商品と引き換えに回収してくれますが、処分のみの場合は、製造メーカーごとに料金や方法が異なるため、商品を購入したお店に問合せるとよいですが、不明な場合は、各自治体の指示に従い、リサイクルする必要があります。
無許可で巡回回収している業者は、適正なリサイクル方法をとっていなかったり、高額請求される場合もあるため注意しましょう。

買取業者やネットフリマ活用でリサイクル

リサイクルとは、資源として再利用する、または回収して再生し、有効活用することです。
そのため、本来であれば、故障、破損したものでも使用できるパーツを取り出し、別の製品の部品として再利用することで、リサイクルをしながらうまく回しています。
リサイクルショップに関しては、基本的に故障、破損した物を買取してくれるところは少なく、その点、買取業者の方がそのリサイクルを請け負ってくれるケースが多いと言えます。
買取業者の中には、そのままでは売り手がつかないものも、専門の修理部門を設け、修理に力を入れ、再生して販売しているところもあります。
また、ネットフリマアプリは、ショップのように持ち込む手間や、査定されることなく、自分自身で価格を設定でき、画像とメールだけで取引が可能で、必要な人に納得した価格で売買できるところが利点です。
どんな方法であれ、処分ではなくリサイクルの手段で検討してみることが重要です。


この記事をシェアする