リサイクルショップで買取できる物とできない物を検証!

>

大きく変化しつつある「リサイクル」の概念とは

リサイクルショップでの買取事情

皆さんの住んでいる町にも、リサイクルショップはあると思いますが、実際に活用したことはありますか?
リサイクルショップによっては、ブランド品や鞄、アクセサリー、時計などの装飾品等に特化したお店や、売買どちらもやっているところが多く、買取した物をそのまま店頭で販売して利益を上げています。
ショップに持込した場合、お店の人が1点1点査定し価格を付けますが、ブランド品専門等でない場合、査定するスタッフは、特に資格や経験がある査定に優れた人ではなく、ある程度のマニュアルに沿った素人の査定であるため、ショップによって価格が異なる事があり、ほとんどが本来の価値以下の価格となります。
そこには、安く買い取り、高値で売らなければ利益が上がらないというリサイクルショップ事情があるためで、処分同然に考えているものであればいいと思いますが、リサイクルの観点からすると、手段としては後回しでもよいかもしれません。

リサイクルする際のショップと他との違い

リサイクルには、いくつかの方法があります。
リサイクルショップにて買取、ネットの買取業者に依頼し買取、新商品と引き換え、個人売買、譲渡、処分などそれぞれにメリット・デメリットがあります。
特に、リサイクルショップでの買取は、持ち込む手間はありますが、数分で査定してもらえ、処分同然と思っていたものに価格が付けば、その場で現金が受け取れます。
この方法は、譲渡や個人売買などと異なり、自分の元を離れた後のことを気にしなくて良い、上手くいけばお金が入る、要らない物を気持ちよく処分できるなどのメリットがありますが、気に入っていたもの、大事にしていたもの、まだまだ使えるもの等に関しては、提示された低価格に愕然とすることも多いようです。
中古品と言えど、まだまだ使えるものに関しては、商品の状態なども把握し、ショップ以外での買取相場を調べてから自分なりの買取希望価格を設定し、それを基準にできるとよいでしょう。


この記事をシェアする